従業員や事業主を守る!厚生労働省が推奨する雇用保険に加入する目的と加入方法について

このサイトでは雇用保険によってどのように従業員や事業主を守るのかに関連したトピックをお送りします。

「なぜ必要があるのか?」この保険がなぜ必要なのか、具体的な理由を解説し、これに加入することで従業員や事業主が受けられるメリットについて述べます。

「方法と手続き」実際の手続きの詳細を解説します。

「メリットとデメリット」この記事ではメリットとデメリットを解説し、これによって得られるメリットだけでなく、デメリットについても知っておくことをおすすめします。

従業員や事業主を守る!厚生労働省が推奨する雇用保険に加入する目的と加入方法について

雇用保険に加入することで、万が一失業した場合には、給付金を受けることができます。
労働災害による傷病についても給付金が支払われるほか、療養費や障害者手当などの支給もあります。


雇用保険の目的は、失業した場合の生活の安定や労働災害による被害者の支援など、働く人々の生活を守るために非常に重要な制度です。
加入によって、安心して働くことができます。
また保険料を支払うことで、自分自身の将来に備えることもできます。
失業や災害に備えて雇用保険に加入しておくことをおすすめします。

雇用保険の加入後は従業員は失業したときに手当がもらえる

雇用保険は労働保険の1つで、会社の倒産などによって雇用ができなくなった場合などに加入者は申請で失業給付を受け取れる制度のことです。
雇用保険は会社側に加入する義務があり、労使と折半して支払われる仕組みになっています。
給与明細を見ると天引きされている額は一部で、その半分程度が会社側が負担して運用されています。
コロナによる急激な雇用環境の悪化の対応策として、この保険を財源に給付金を受け取った人もいるでしょう。
現在は財源が枯渇してしまったため、保険料率が高くなります。
このような不測の事態に対応できるものとしても有効ですが雇用を失った場合、一定期間を経てハローワークなどに申請すれば給付金を受け取ることが可能です。
今後再度就職活動などの職探しや職業訓練をすることが前提ではありますが、手厚い保護によって日本の労働市場は守られています。
現在政府では、労働市場の流動化を狙って自己都合退職でも給付できる検討がされています。

雇用保険の加入後は従業員が学びたい時に給付金がもらえる

日本では、雇用保険に加入することで、労働者は様々な福利厚生を受けることができます。
その中でも、雇用保険の中でもっとも有名な給付金のひとつが「職業訓練給付金」です。

職業訓練給付金とは従業員が自己啓発やスキルアップのために受講した職業訓練に対して、給付金を受け取ることができる制度です。
職業訓練給付金は、学費の一部を補助してくれるため、従業員が受講しやすくなります。

ただ職業訓練給付金を受け取るためには、いくつかの条件を満たす必要があります。
雇用保険に加入していることが必要です。
また職業訓練を受講する前に、従業員が所属する会社に申請をして承認される必要があります。

職業訓練には、個人が自己負担する部分があるわけです。
職業訓練の受講費用が3万円以上の場合、従業員は自己負担する必要があります。
自己負担する金額は従業員の年収に応じて決定されます。

職業訓練給付金は、従業員のスキルアップや自己啓発を促進するための制度です。
従業員が自己啓発に積極的に取り組み職場での業務に生かすことができるようになれば、会社全体の生産性や効率性が向上することにつながります。
そのため従業員の学びにとっても会社にとっても、職業訓練給付金は大きなメリットがあると言えます。

雇用保険の加入後は従業員が長期休業になった時補助金がもらえる

雇用保険の加入後は、従業員が長期休業になったときには補助金を受け取ることができます。
雇用保険と言えば、失業した際に従業員自身が給付金を受け取れるのが最もよく知られていますが、これだけが保険の内容ではありません。
あまり知られていることではありませんが、病気等のために長期間の休業を余儀なくされたような場合、企業に対して補助金が交付されます。
これは労働者にとって直接的なメリットではなく、失業ではなく休業である以上は、会社とか健康保険で別の給付を定めていればそれに従うものの、失業保険によって従業員自身が何かのお金を受け取ることはできません。
直接的なメリットではないものの、会社側はその補助金によって例えば臨時の社員を雇用するなどすることができ、その人の休業のために業務のしわ寄せが他の人に来るなどの弊害を回避するようなことができます。
この意味では誰であっても間接的にメリットを受ける可能性はあると言えます。

雇用保険の加入は事業主が従業員に安心感を与える

雇用保険とは、労働者に安定した生活と雇用の安定を約束する制度です。
「31日以上の雇用見込みがあること」「1週間の所定労働時間(契約上の労働時間)が20時間以上であること」「(定時制は除く)学生ではないこと」の3つの条件に当てはまる場合、事業主には労働保険に入る義務があります。

雇用保険に加入していると、条件を満たすと失業給付金(失業手当)・教育訓練給付金・育児休業給付金・介護休業給付金などの手当・給付金等が支給されます。
保険料は事業主及び従業員の負担割合があり、従業員の毎月の給料から数百円の保険料が天引きされます。
年収は関係なく、扶養枠内であるなしに関わらず、週20時間以上働く労働者は対象となります。
雇用形態も関係ないため、派遣やパートでも雇用保険に入ることができます。

雇用保険には多くのメリットがあり、加入することで事業主が従業員に安心感を与える保険です。
負担金以上の安心感がありますから、条件に当てはまる従業員はぜひ入っておくことをおすすめします。

雇用保険加入を電子化で対応するには

雇用保険加入を電子化するには、以下の手順に従うことができます。
まず雇用主や従業員が、雇用保険に加入するために必要な書類や情報をオンライン上で提出できるようにするためのシステムを導入します。
このシステムは、従業員が自分自身で情報を入力し、必要な書類をアップロードできるように設計されることが望ましいです。
次に従業員が提供する情報の正確性を確保するために、認証システムを導入します。
例えば従業員が社員番号やパスワードを入力することで、個人情報を確認できるようにすることができます。
従業員が提出した情報に基づいて、雇用契約書や保険申請書を自動的に生成するために、電子署名を実装します。
これにより従業員や雇用主は、書類を印刷して手書きで署名する必要がなくなります。
申請書や契約書などの電子データをセキュリティの高いシステム上で保存し、適切に管理することが重要です。
必要な場合には容易にアクセスできるようにすることも重要です。
電子化によって申請の手間や書類の保管管理などが簡素化され、効率的な申請プロセスが実現できるようになります。

雇用保険加入を自動的に行うソフトウェア

最近では様々な書類での申請がデジタル化していて、雇用保険においても加入の手続きがソフトウェアによって申請できるようになっています。
加入者は所定の条件を入力して申請すれば、即日対応可能で便利な機能です。
またこれらをサポートするシステム会社もあって、基本的には要件を整理すれば対応可能なくらい非常にスピーディーに対応できるようになりました。
雇用保険は会社で従業員を雇う場合に必要な制度ですが、原則としては会社で手続きを行い従業員へは給与の支払いの際に天引きを行う仕組みになっていることが一般的です。
万が一会社が倒産した場合路頭に迷わないように、一定の金額が支給されそれを使って再就職を行うことにより雇用環境を安定にする効果を持っています。
前提として再就職を条件にしているため、給付金の申請はハローワークなどで行いその際に就職活動をするための履歴書の作成や募集企業に応募するなどの一定の活動は求められます。

雇用保険の加入に必要な条件

「雇用保険」は、就労者が雇用契約に基づき、会社や雇用主によって雇用されている場合に、失業時に一定の給付金を受けるための保険制度です。
ここでは、「雇用保険の加入に必要な条件」というテーマについて解説していきます。
まず保険に入ることができるのは、以下の条件を満たす労働者です。
<雇用契約を結んでいること、週に20時間以上の労働時間があること、年収が600万円以下であること>また保険には「一般被保険者」「特定被保険者」という区分があります。
一般被保険者とは、会社や雇用主によって雇用され、上記を満たしている人のことを指します。
一方特定被保険者とは、農業、漁業、自営業などの特定の業種で働く人で、一定の要件を満たした場合に保険に入ることができる制度です。
さらに雇用保険は、失業や求職活動・育児休業・介護休業などの場合に、一定の給付金を支給する制度です。
具体的には、以下のような場合に給付金を受けることができます。
<自己都合による退職、解雇された場合、非正規雇用者であっても、一定の要件を満たした場合に雇用調整助成金を受けられる、育児休業、介護休業による失業>以上が雇用保険に入る場合と、給付金を受けるための場合についての概要です。
就労者として働く人は、事前に加入要件を確認し適切に保険に入ることをおすすめします。

雇用保険に加入できないめずらしいケース

ときどき新たな会社で雇用保険の資格取得届をしても、加入できないと伝えられるケースがあります。
これは前に勤務していた会社が雇用保険の被保険者資格喪失届を提出していないためです。
雇用保険の被保険者番号は、働らく個人ごとに割り振られており、資格喪失届により初めて新たな会社で被保険者と認められます。
このようなときは、前の会社に資格喪失届を速やかに提出してもらえるよう、連絡をすることが重要です。
離職が長く時間が経過し、前の番号が分からないなど新たに発行されることもありますが、保険の加入期間は一つの番号によって通算されることがあり、失業保険などの給付に影響します。
とりわけ一年以内に新たな会社で働くときは、同じ番号のほうが働く人にとってメリットが大きいので、資格喪失届を提出してもらうほうが良いでしょう。
もう一つ加入できないケースとして、前の会社で有給休暇を消化中に新たな会社で働くときです。
雇用保険は二重加入が認められていません。
このようなときは前の会社の退職日が来る前に、資格喪失手続きが必要なので注意が必要です。

雇用保険加入後の保険請求手続きの方法

雇用保険に加入後、失業や休職などで給付を受ける場合は、ハローワークでいくつかの手続きを行う必要があります。
雇用保険被保険者証と本人確認書類を持って、管轄のハローワークに行きましょう。
「確認請求(聴取)書」に必要事項を記入し、提出してください。
この手続きにより、給付を受ける資格の有無が確認されます。
「雇用保険資格喪失証明書」や「求職票」などの書類も受け取ることができます。
次に、「雇用保険資格喪失証明書」に記載された日から7日以内に再び手続きをしてください。
「基本手当支給申請書」や「再就職支援制度利用申込書」などの書類を提出することにより、基本手当や再就職支援金などの給付金額や期間が決定されます。
「基本手当支給決定通知書」や「再就職支援制度利用決定通知書」などの書類も受け取ることができます。
基本手当支給決定通知書」には、毎月受け取る基本手当の金額や期間、「再就職支援制度利用決定通知書」には、新しい仕事を見つけた場合に受け取れる再就職支援金の金額や条件などが記載されています。
その後は求職活動を継続しながら、指定された期日ごとにハローワークへ報告にいきましょう。
報告する内容は、過去1週間(または2週間)に行った求職活動やその結果です。
報告することで、引き続き基本手当や再就職支援金などの給付を受けることができます。
保険請求のための手続きは忘れないようにしてください。

雇用保険加入後に必要な更新手続きの紹介

雇用の保険は、就業している労働者が失業した場合に給付金を払うための制度です。
保険に加入した後は、定期的に更新手続きを行う必要があります。
保険加入後に必要な更新手続きについて説明します。
この保険をもう一度利用する場合の手続きは、毎月行う必要があります。
具体的には、雇用保険料の支払いを行います。
雇用保険料は、従業員の賃金から天引きされる形で支払われるわけです。
支払いには、国民年金保険料と同様に「社会保険料納付書」を利用します。
この保険の手続きには、年次報告書の提出があります。
年次報告書は、前年度の雇用状況や雇用保険料の支払い状況などを報告するもので、毎年4月1日から6月30日までの期間に提出する必要があるわけです。
提出方法は、郵送やインターネット申請などがあります。
雇用保険には、被保険者の就業時間や雇用形態などによって払う保険料が異なる「参加型」と、従業員一人あたり定額で保険料を払う「一般型」があるわけです。
前者の場合は従業員の就業時間や雇用形態に変更があった場合は、速やかに社会保険事務所に報告する必要があります。

法律で罰せられる不正な雇用保険の加入とは

不正な雇用保険の加入には、刑事罰や民事罰など法律で罰せられる場合があります。
企業が雇用保険に入ることを義務付けています。
雇用保険への不正な加入は法律違反となり、最高で5年以下の懲役または1,000万円以下の罰金の可能性があります。
偽装請負とは実際には正社員であるにもかかわらず、請負業者としての偽装を行い雇用保険を怠ることにより、社会保険料の負担を回避する行為です。
偽装請負は労働者の権利を侵害するとともに、社会保険料の不払いにより国や社会全体への損害をもたらすため法律で禁止されています。
偽装請負は最高で5年以下の懲役、1,000万円以下の罰金が科せられることがあります。
労働者派遣法は派遣元企業が派遣先企業に派遣する労働者の社会保険料の負担を義務付けています。
派遣元企業が社会保険料の負担を怠った場合、労働者派遣法違反となり、最高で3年以下の懲役、300万円以下の罰金が科せられてしまうことがあります。

雇用保険の加入を見落としがちなサービス

雇用保険に参加することで、雇用者や労働者は失業時に一定の給付金を受け取ることができますが、この制度には見落としがちなサービスがあります。
転職支援サービスは大事なサービスになりますので、覚えておく必要があるわけです。
雇用保険には、転職支援サービスがあります。
これは失業者に対して職業訓練や就職支援などを提供するもので、受講料が補助される場合があります。
就職先を探すことが難しい場合にも役立つため利用しない手はありません。
就業支援金なども積極的に活用されるべきでしょう。
雇用保険には就業支援金制度があります。
就職前に必要な資格取得や、転職後の生活費を補助するもので、失業給付とは別に受け取ることができます。
失業期間中に将来に向けたスキルアップを行いたい場合にも、利用すべき制度です。
ハローワークのサービスの存在を忘れてはいけません。
雇用保険に加入することで、ハローワークのサービスを利用することができます。
これは、求人情報の提供や履歴書の添削などを行ってくれるサービスで、就職活動を支援してくれます。
定年退職後のサービスと呼ばれるものもあるわけです。
保険に加入していると、定年退職後も定年退職所得補償金を受け取ることができます。
これは、定年退職後に就職が困難な場合に備えたもので、失業保険に参加しているからこそ受け取ることができるサービスです。

雇用形態によって雇用保険の加入後の保証が異なる

一般的に雇用保険は労働者が失業した場合に、失業手当を支給することで生活の維持を支援する制度です。
雇用保険には次のような要件があります。
労働時間が週20時間以上の雇用契約を締結していること、定年退職までの期間、同一の雇用主で労働することが予定されていることです。
しかし雇用形態によっては、この要件を満たしていても保証内容が異なることがあります。
例えば派遣社員や契約社員などの非正規雇用の場合、雇用保険に加入していても、正社員と比較して支給される失業手当の金額が低くなることがあります。
パートタイマーの場合は労働時間が週20時間未満であるため、雇用保険の要件を満たせず手当を受給できないことがあるのです。
そのため労働者は自分の雇用形態に合わせて、適切な保険加入を行うことが重要です。
労働者自身が失業する可能性がある場合には、自己都合で退職した場合でも手当が支給される「自己都合退職給付」についても確認しておくことが望ましいです。

雇用保険加入者のトラブル事例集について

雇用保険は、労働者が退職や諸事情によって仕事を失った場合に必要な給付が受けられる制度のことです。
労働者の生活を守るためにも、必ず加入しておかなくてはなりません。
この雇用保険に関しては、トラブルが発生することもあります。
よくあるトラブルは、未加入問題です。
労働者側が条件を満たしているのに、所属先の会社が手続きを怠っていると、給付が受けられなくなってしまいます。
また、労働者側が失業給付をもらいながら、他にもアルバイトや副業をして不正受給をするといったケースもあります。
そのような不正が発覚した場合には、最大で3倍の額を返すことになってしまいます。
これらの雇用保険に関連する問題をできるだけ避けたいのであれば、過去の事例を参考にしてみるとよいかもしれません。
どうしても自分たちで解決ができないときや難しい問題に発展しそうなときは、できるだけ早い段階で専門家や専門機関などに相談してみるのも1つの方法です。